RegzaのHDD認識エラーをubuntuで修復

はじめに

私の家ではRegzaに外付けHDDを接続して使っています。
先日、外付けHDDが新しいHDDとして認識されてしまったので、それを修復するまでの道筋を記録しました。

障害発生時の状況

 Regzaで録画中に、1歳の息子がTV関連のコンセントが刺さったタップの、大元のコンセントを抜いてしまいました。
 その後、すぐにコンセントを挿すものの、新しいHDDとして認識されてしまいました。

スペック

  • TV :  Regza Z1 37インチ
  • HDD: Buffalo製HD-AD2U3

リセットを試す

このサイトに従いリセットしてみましたが、状況は変わりませんでした。

他の手段の調査

RegzaのHDD修復ツールがあることを発見しました。
ただし、RegzaのHDDはファイルシステムがxfsのため、Linuxでないと読めないとのことでした。
そこで、Linuxのubuntuから利用することにしました。

ubuntuをWindows環境に影響を与えずに作成するには次の2つの方法があります。

  1. 仮想環境にインストールする
  2. LiveDVDを作成し、DVDから起動する

それぞれを試してみました。

仮想環境(virtualbox)でubuntuを入れてみる

このサイトに従い、virtualboxを入れようとするが、インストーラが起動しませんでした。
インストーラをダブルクリックしても、進捗インジケーター(ぐるぐるマーク)がずっと出ていて先に進まなかったです。
過去にvirtualboxを入れたことがあったため、アンインストールがきちんとできていない可能性が高く、調べてみると次のような情報を見つけました。

このサイトに従い、次のことを実施したが依然としてインストーラは起動しませんでした。

virtualboxのドライバ関連のレジストリファイルの削除
virtualboxのドライバ関連のファイルの削除
そのため、仮想環境はあきらめることにしました。

LiveDVDを作成しDVDから起動する

このサイトの修復手順詳細の1.~3.を実施しました。
その後、外付けHDDの電源を入れると次のエラーが出ました。

mount: /dev/sdb1: can't read superblock

ubuntuで外付けHDDのmountができず、REGZA HDD Easy Repairを使用できない状態でした。

外付けHDDのファイルシステム(xfs)の修復

このサイトに従い修復を実施しました。修復自体は成功したようです。
上記のサイトでは、/dev/sda1で認識されたようですが、私の場合は/dev/sdb1で認識されました。

ところが、外付けHDDを再起動すると、次のエラーが出ました。

mount: wrong fs type, bad option, bad superblock
(以下略)

そこで、修復を諦め、RegzaでHDDを初期化するしかないかと覚悟を決めました。

まとめ(修復の結果)

HDD初期化を覚悟し、Regzaに接続すると、従来のHDDとして認識され、通常通り見れるようになりました。

録画中だった番組は何の痕跡もありませんでした(おそらく修復の時に削除された?)。
しかし、他の番組は見れるようになったので良かったです。

Regzaで同様の症状に陥った人のお役に立てれば幸いです。

何かあればコメント欄に記述をお願いします。